墓じまいに関する四方山

先日、あるところで墓じまいにかかる費用について質問を頂きました。 

墓石の撤去だけで20万円~30万円(地域や墓の規模によって変動があります)掛かります、それに加えて、お寺さんが管理している霊園でしたら離檀料等を請求される場合があります、と説明いたしましたが、これらはモノではないので、明確に「幾らです」と言えません。

 

私の回答を聞いて、質問された方は「だったら永代供養がいいのかなぁ」と仰っていましたが、墓じまいを考えるのは、大きく分けて2つの理由があります。

 

まず一つ目は、遺骨の引っ越し。 遠方の墓参りは大変なので、自分が住んでいる地域もしくはその近くにお墓を移す場合などです。 そして二つ目は、廃墓する場合。 お墓を継ぐ人がいない等の理由で、お墓を無くしてしまうケースです。

 

いずれの場合も、まず最初にしなければいけないのは、「お墓がある自治体」の役場で改葬許可申請書を出すことです。 私どもの「終活&散骨セミナー」でお話していることと重複しますが、改葬許可申請書を貰う際には、遺骨の引っ越しの場合、新しいお墓納骨堂への受け入れ証明書のことも相談しておく必要があります。 そして次に、お墓の管理者に「遺骨の引っ越し」あるいは「廃墓」のことを相談しなければいけません。

 

こういった、事務的な手続きを経た上で、遺骨の取り出しが可能となります。

自分たちでは手続きが煩雑だなと思われる場合は、行政書士などの専門家に代行してもらうことも可能です。 そして、遺骨の引っ越しの場合、廃墓の場合、両方に言えますが、遺骨を取り出した後に墓石を撤去して更地に戻す必要があります。 実際には、今お墓が建っている土地が公営の霊園なのかお寺や民間の霊園なのかによってだったり、お墓がある場所の行政によって、若干の手続きの違いがありますから、気になる方は直接確認をされることをおすすめ致します。

上記の質問をなさった方は、「子どもが小さいうちから、折に触れて墓参りの習慣をつけておくと、子どもたちも『お墓は大切に守るもの』という意識が芽生えますね。」と仰っていました。 もちろん、そのように代々のご先祖を大切にすることを教えていくことも大切ですよね。 しかし、それが難しいケースも多々あります。 また、時代の流れと共にお墓に対する価値観も大きく様変わりしていますから、次世代の家族がいるから(無条件で)安心できるとは限らないのです。

 

今はまだ心配いらないという方も、先のことは分からないから自分が元気なうちに、という方も、知って、備えておくことで安心です。 毎月無償で「終活&散骨セミナー」を開催しています。

熊本散骨するなら「NPO法人ヒーリング」にご相談下さい。

毎月開催中の終活散骨セミナーで、散骨に関する情報提供と啓蒙活動をしている団体です。

℡:096-288-2679 Fax:050-3156-3969 (月~土 午前10:00~午後6:00)

終活散骨セミナーへ参加ご希望の方はフォームもご利用頂けます。