熊本地震で倒れた墓石の今

2017年8月14日の熊本日日新聞、社会面の記事によると、熊本地震で被災した墓石の補修依頼が未だに山積みで、着手出来ているのは全体の6割程度とのこと。 県内の石材業者のうち、記事内で紹介されている回答では「請け負った仕事を終えるのは1年先か、1年半先か」という状況だそうで、まだまだ復旧には時間が掛かりそうです。 言及している記事のリンク⇒https://this.kiji.is/269686050078261250?c=92619697908483575

これまでお話をお聞きしたご家族のうち、地震で被災し、壊れてしまったお墓を建て直したという方たちからも、どれくらいの費用が掛かったか教えて頂いています。 平均値ではありますが壊れた墓石の撤去だけで約30万円程。もちろん、それに加えて新しい墓石の費用が掛かっていますので、建て直さないという決断を下されるケースも。 

いずれにせよ、これまでお墓を守ってきた方が、「今後どうするか」をきちんとお決めになるのは良い事です。今回の地震で幸い被災されなかったご家庭でも、お墓について話し合われるのは必要なことかも知れません。

そして新聞記事の内容に戻りますが、熊本市が管理している墓地では、昨年9月までの調査で約55%の区画が被災し、修復の進捗度合いは3割程度だそうです。 これは、今後修復が進むことで解消されていくと思われます。ただ問題は、お世話する人が既にいないお墓のケース。 熊本市でも、882区画が所有者や管理人と連絡が取れていないようで、お墓は個人の財産ですから、行政が勝手に手を付けることが出来ないのです。 ですので、熊本市の担当部署では過去の事例を調べている、と。

お盆にお墓まいりを済ませた、という方も多いと思います。 こういった機会に、家族の「お墓に対する思い」を、今一度確認されてはいかがでしょうか?

 



熊本散骨するなら「NPO法人ヒーリング」にご相談下さい。

毎月開催中の終活散骨セミナーで、散骨に関する情報提供と啓蒙活動をしている団体です。

℡:096-288-2679 Fax:050-3156-3969 (月~土 午前10:00~午後6:00)

終活散骨セミナーへ参加ご希望の方はフォームもご利用頂けます。