· 

そもそも自然葬とは

自然葬散骨、日本においては当たり前と思われていますが・・・

自然葬散骨、遺骨を粉末化して「山や海」にまく行為を指すのですが、少し前の時代まで「土葬、風葬、水葬、鳥葬」などの葬礼を指していました。

つまり墓地に埋葬せず自然に回帰させる葬礼の方法だったのです。

では、本来の自然葬とは「土葬」「風葬」「水葬」「鳥葬」とは、どの様なことなのか簡単にご案内します。

 

・土葬

 かつての日本もそうでしたが、遺体を土に埋める(埋葬ともいう)方法で、現在でもイスラム教やキリスト教圏などの社会で最も一般的な方法です。

 

・風葬

 遺体に衣類などを着せたまま、棺に入れたり、小部屋や小屋を建てたり、樹木の上や洞窟などに置いたまま外気にさらして乾燥・風化させる方法です。南アメリカ大陸では一部現存しています。(諸説あり)

 

・水葬

 遺体を海や河川に流す方法。地域によっては棺を舟形にしたものに遺体を乗せて流したり、丸木舟に乗せて沖で沈めたりする方法です。

 遺骨や火葬後の遺灰を海や河川に流す行為も広い意味では水葬と言えます。航海中の死者を海中に葬る水葬礼が現在も行われています。

 ミクロネシア、フィリピン、インドネシアの一部では現存しています。(諸説あり)

 

・鳥葬

 遺体を鳥にゆだねる方法で、チベットでは現在も行われているそうです。

 これは大地と火を汚さないように塔の上に遺体を置いて鳥に食べさせることで、肉体と霊魂は天に運ばれるという信仰から行われます。(諸説あり)