高額な預金引き出しは、金融機関によって対応が異なります。

高額な預金の引き出しの際、金融機関は最近特に本人確認を徹底しています。 また、金額に関わらず本人からの払い出しかどうかを厳格にチェックする金融機関もあります。
ここでいう「高額」にあたる金額は、金融機関ごとに異なります。

ゆうちょ銀行の場合は50万円以上の引き出しで、本人来店の上本人確認資料(※1)が求められます。本人の来店が難しい場合は、ゆうちょ銀行規定の委任状を本人の自筆で記入が必要です。 更に窓口に来店した人の本人確認資料も提示を求められる場合があります。 

預金者が高齢であったり病気で外出がままならないときなど、お金の管理を同居のご家族がするケースもあるかと思います。急にまとまったお金が必要(家の修繕や本人の入院費など)なこともあるでしょう。

当方でゆうちょ銀行の窓口で尋ねたら、そのような場合に備えて「任意後見制度」の手続きをお願いしています、という返事でした。 実際には、家族の間でしたら信頼関係に基づいて、キャッシュカードでお金を引き出すケースが多いかも知れません。 

ヒーリングの地元熊本に本店がある、某地方銀行では、100万円以上で(※1)を求めています。 銀行に出向くのが難しい方の場合は、ゆうちょ銀行のような委任状提出ではなく、以前はその預金者がお住まいの地区を担当する行員が直接出向いていたと記憶しています。

もしかしたら今は、本人が窓口に行けない場合の、本人確認の取扱い規定が変わっているかも知れません。
100万円以上の引き出しで要確認なのは変わらず、です。 
 
その他、金額の多寡に関わらず、窓口での預金引き出しは本人に限るという金融機関もあります。ここの場合は配偶者名義の通帳であっても、引き出しには応じられないそうです。

いずれにせよ口座をお持ちの金融機関で、「緊急時にまとまったお金を引きだしたい際、いくら以上から本人が来なくてはいけないのか?」「本人が行けない時にはどうしたら良いか?」といったことを一度確認された方が安心ですね。 担当者の名刺を貰うか名前を確認して、時間を取って相談出来ればベストです。(言った言わないのトラブルや、担当者ごとの解釈の違いによるトラブルを防ぐため)

面倒なことなので、つい後回しにしがちですが、事前に確認しておかないと、いざという時にスムーズな手続きが出来ず本当に面倒なことになります。 逆を言えば、口座をお持ちの金融機関がどういう対応をするのかが分かっていれば、万一の際に家族に余分な負担を掛けずに済む対処法が分かります。

また、仮に家族の中でおひとりだけお金を管理していて、その後相続が発生することも考えられます。 相続人が複数いる場合には、もめごとにならないためには、お金を管理している人は出し入れをきちんと帳簿につけておくこと(私的に使ったのではなく、預金者のために使ったという証明)も必要でしょう。

相続トラブルは、遺産総額1000万円~5000万円の場合に、一番多く発生しているというデータもあります。まさかと思っているご家庭ほどトラブルが起こりえるということです。

終活セミナーでは、そうならないためのお話をしています。

熊本散骨するなら「NPO法人ヒーリング」にご相談下さい。

毎月開催中の終活散骨セミナーで、散骨に関する情報提供と啓蒙活動をしている団体です。

℡:096-288-2679 Fax:050-3156-3969 (月~土 午前10:00~午後6:00)

終活散骨セミナーへ参加ご希望の方はフォームもご利用頂けます。