関係する法律や行政手続き

 お墓に関することは心情的に大変デリケートなことを含んでいます。  同じ親から生まれたご兄弟であっても、「お墓は絶対必要」「自分たちが元気なうちに(子どもに負担をかけたくない)始末をしておきたい」と意見が分かれるケースも過去にございました。...

親が認知症になってしまった場合、古い実家の処分、相続後発生した数々の問題をテレビで取り扱っていました。
熊本で散骨するならNPO法人ヒーリングへご相談ください。 私たちは、散骨の情報提供と節度ある散骨のための啓もう活動を行う団体です。ブログ:墓じまいは必要か?を更新しました。
熊本で散骨するならNPO法人ヒーリングへご相談ください。 私たちは、散骨の情報提供と節度ある散骨のための啓もう活動を行う団体です。ブログ:1948年墓埋法を更新しました。
前回の「終活&散骨セミナー」で「後見」についての質問がありました。 司法書士の先生からの回答は次の通り・・・ まず後見等開始の審判については、条文上、本人、配偶者、4親等内の親族等が申立てができるとなっています。(民法7条、11条、15条)...