理事長日記

春分の日の昨日(3月21日)は、エンディングノートのセミナーに参加してきました。 普段、情報をお伝えする立場ですので、アウトプットをより良くするにはインプットも大切です。 今回参加したセミナーを主催しているのは「NPO法人らしさ」さん。 終活という言葉が世に出るずっと前から、人生の終わりの時期に必要なことを伝え続けて来られた団体です。 ...

先日、あるところで墓じまいにかかる費用について質問を頂きました。  墓石の撤去だけで20万円~30万円(地域や墓の規模によって変動があります)掛かります、それに加えて、お寺さんが管理している霊園でしたら離檀料等を請求される場合があります、と説明いたしましたが、これらはモノではないので、明確に「幾らです」と言えません。

こんな記事を見つけました。⇒愛犬、愛猫めぐる「相続争い」増加、猫語を話す弁護士が見た「ペットトラブル」30年 ペットと相続、一体どんな関係性が? と思い記事を読み進めると、実は私にも深く関係していた内容でしたので、ぜひご紹介したいと思います。...

2018年になって、まもなく1か月が経とうとしています。1年の計は元旦にありと言いますが、今年の目標に向かって着実に進んでいる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。 中々お尻が上がらない・・・という方もいらっしやるのでは?...

「人に言うよりまず自分」ということで昨年からぼちぼちと自分の終活もやっている理事長の糸永です。まあ正直(皆さんには積極的にオススメしていながら)大変ですねー(汗)! そして、パソコン周りのパスワード整理や断捨離など、得意なところは大体片付きましたが、その一方で、我が家には後期高齢者がいるのですが、その後期高齢者より先に私に事故や急病などの万一の事態が降りかかった場合のことなど、まだまだツメの甘い状態が続いています。  ひとりで頑張るには限界があるので、終活・散骨セミナー参加者の皆さんの中から、希望があれば「終活サークル」なんて活動を作ってみてもいいなぁと感じている今日この頃です。 何が大変かというと、一言でいえばズバリ「やることの範囲が広すぎてイメージつかない」のですけど、 恐らく「終活ってやった方が良いって思うんだけどねぇ」と中々行動に移れない方の中には、同じご意見の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
終活、というキーワードで検索をかけると、元SMAPの中居正広さんの名前が出てきました。   なんだろう?と思った私、さらに検索してみることに。 すると...「中居正広の終活って何なの!?〜僕はこうして死にたい〜 」 というテレビ番組にたどり着いたのですが、前回の放送は2016年4月30日。気づかなかったはず! ...
新年あけましておめでとうございます。 NPO法人ヒーリングでは、本日1月4日より業務を開始いたしました。 さて、昨年1年間を振り返りますと、「終活」と言う言葉の意味が、「終活・散骨セミナー」を始めた2016年10月と比べると、かなり変化してきたという気がしています。...

NPO法人ヒーリングは、2017年の業務を終了いたしました。 2018年は1月4日から業務開始となります。 来る年も皆様の心の癒しとなる活動に、より一層邁進する所存です。 今年一年、ありがとうございました。 さて、仕事納めの本日、「散骨」という言葉で、何が検索されているのかを調べてみました。...
日本全国、今日は冷えてますね~! 寒い季節は事業の性質上、外での仕事量が減るのでホームページ周りを年内を目途に整理に励んでいます。 情報が皆様の元に届きやすくなることで、私たちの事業にも弾みが付きますから、これも大切な仕事のひとつです。...

先週まで、とある資格試験のための勉強メインで日々を送っていたためか、ブログの更新もすっかり滞ってしまいました...。 ようやくひと段落したところで、今日はお預かりしていたご遺骨の粉骨作業が完了したので、終活担当の役員に同行してお届けしてきました。

さらに表示する